絶対知りたい!寝起きに足がつるのはどうして?

みなさん朝起きた時に足がつったことはありませんか?
朝は大忙し、すぐに起きて支度したい!そんな時に足がつってしまったら大変ですよね?今回は寝起きに足がつった時のお話をしていきたいと思います。

寝起きに足がつる原因とは?

寝ている時に汗をたくさんかいてしまうと、脱水症状になり足がつりやすくなってしまいます。朝は、眠っている間に体をあまり動かしていない分、筋肉が硬くなっているので、足がつりやすくなるのです。
夏は、クーラーをつけっぱなしで寝てしまうと、足が冷えて足がつる原因になってしまいます。

寝起きに足がつってしまった場合の応急処置は?

まず、足がつってしまった部分の筋肉をゆっくりと伸ばします。痛くて起き上がれなくなってしまった時は、寝たままで良いのでつま先を持ちます。ゆっくりと手前に引いて、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。手で温めて下から上に向かって優しくマッサージをしましょう。

足がつるのを防ぐための方法

・ミネラル、水分をしっかりと補給
水分を摂ったり、ミネラルを補給するように心がけることです。

・体を冷やさない
足が冷えるのを防ぐには、お風呂で体をじっくりと温めると芯から温まります。

・筋肉をほぐす
また、ゆっくりとアキレス腱を伸ばしてふくらはぎの筋肉を伸ばしたりストレッチをしましょう。

足がつりやすい人はどんな人?

若い方にも見られますが多くは運動などによる筋肉疲労が原因のことが多いです。

・高齢者
高齢者のみなさんは、筋肉が弱くなってしまっているので足がつりやすくなっています。

・妊婦さん
妊娠中の方は、冷えやすい事と、赤ちゃんの重みで骨盤が緩くなったり歪んだりすることが原因です。

・特定の薬の影響
高血圧、狭心症、甲状腺疾患、高脂血症、糖尿病、ホルモン剤などの治療薬を飲んでいる方です。これらの薬には利尿作用がある為です。利尿作用とは、体内の水分や電解質を尿に変えて体の外へ出すのを促す作用のことです。そして足がつる原因になってしまいます。頻繁に足がつってしまう人は、病院の先生に相談してみましょう。

食べ物で予防!おすすめはカルシウム、マグネシウム

カルシウムやマグネシウムなどが不足することが原因なので、カルシウムやマグネシウムがたくさん含まれる食べ物を意識して食べるようにしましょう。

マグネシウムは、細胞が活発に動くのに必要なカルシウムとカリウムが出たり入ったりするようにする働きがあります。マグネシウムが足りなくなってくると、筋肉が敏感になってしまいます。マグネシウムは筋肉を緩くする働きがあるので、静脈から投与すると、子宮収縮、妊娠中毒を緩和します。

1日2~3回で300mg摂りましょう。摂り過ぎると下痢になってしまうので気をつけましょう。カルシウムやマグネシウムは、イワシやサバ、ひじき、わかめ、こんぶなど魚や海藻などに含まれています。

・マグネシウムの効果を高める食べ物
マグネシウムの吸収を良くしてくれる食べ物は、梅干し、酢、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、桃、キウイ、イチゴ、メロン、パイナップル、寒天、りんご、梨、ぶどう、ピーナッツ、わかめなどです。

筋肉疲労予防にはビタミンB1、タウリン

・ビタミンB1
ビタミンB1が足りなくなると、筋肉が疲れやすくなって、神経の働き方も減少してしまいます。筋肉の疲労が起こると、痙攣が起きる可能性が高いので、ビタミンB1を摂りましょう。ビタミンB1は、牛乳、卵、豚肉、豆などに含まれています。

・タウリン
アミノ酸の一種のタウリンは、人の体の中で組み合わされて、運動をすると消費されます。
タウリンが不足すると筋肉が疲れやすくなって、運動能力が落ちたり、足がつったりします。
タウリンをたくさん含む食品は、貝や魚、イカ、タコなど海産物です。
急な運動をしたり、冷えたり、水分が不足していたり、血行不良などでミネラルが不足してしまいます。

ストレッチやツボ押しも効果的

アキレス腱と足の裏の筋肉を伸ばしましょう。普段から意識して行うことが大切です。

・承山(しょうざん)
承山(しょうざん)というツボを押してみましょう。
ふくらはぎの真ん中の膝の裏とくるぶしの真ん中のアキレス腱が筋肉になるところにあります。
痛くなると判ったら少し前に押すのがとても効果があります。

・足臨泣(あしりんきゅう)
足の裏がつったら足臨泣(あしりんきゅう)というツボを押してみましょう。
足の甲の小指と薬指の付け根の所から、足首に向かって2~3センチ下にあります。

・足三里(あしさんり)
膝より下の足の前側がつったら足三里(あしさんり)というツボを押してみましょう。
膝の5センチくらい下の真ん中の骨の外側にあります。

・陽陵泉(ようりょうせん)
ふくらはぎがつったら陽陵泉(ようりょうせん)というツボを押してみましょう。
陽陵泉は、足の外側の、ふくらはぎの少し横の膝の5センチ位下にあります。
寝る前にリラックスをしながらマッサージをすると良いでしょう。

応急処置の方法

応急処置としては、焦らずにつってしまった筋肉をゆっくりと伸ばしたり、温めたりマッサージをすることで少し楽になります。

足がつりやすい方もいるので、普段から食事や軽い運動をしたり水分を摂ったりすることが大切になってきます。足がつるのを防ぐには、水分を摂ったり、ミネラルを摂ったり、お風呂で体を暖めることや、毎日出来るツボを押したり、ストレッチなど少しずつで良いので始めてみませんか?

 

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

PICK UP!!

ページの先頭へ戻る