ふくらはぎサポーターしっかり使えてますか?その効果と使い方!

男女問わず使われるふくらはぎサポーターですが、ふくらはぎに起きるトラブルや原因など、実際症状がどのように出て、ふくらはぎの異常が進行していくのか、なかなか知らない事や、実際ふくらはぎサポーターを使うとどんな効果が出て、どう改善されるのか。
用途により使い分けるなど細かいところまで説明していきたいと思います。

ふくらはぎサポーターはどんな時に使ってる?

色々なことで使われるふくらはぎサポータ―ですが、寝るときやスポーツをするとき、肉離れを起こしたときなどに、よく使われています。
それに、デスクでの仕事が多い人は足がむくみパンパンに張れたりして、血流効果を促進させたりなど、様々なところで活躍するふくらはぎサポーターです。

ふくらはぎのトラブル!原因やその理由

・肉離れ
では、まずふくらはぎのトラブルからですが、よくありがちなのがスポーツなどでの肉離れです。陸上選手でも特に短距離走をガッツリ走る選手や、バスケットボール選手やテニスの選手など瞬発的に筋肉を動かすスポーツは肉離れが多いです。

・シンスプリント
逆に長時間の運動によるシンスプリント。よくあるのが、マラソンなどの長距離ランナーの疲労の蓄積からくるものは良く聞きますよね。

スポーツなどで走ったりする場合ふくらはぎはよく動く部位で、地面からの衝撃吸収で筋肉が伸びたり縮んだりしてとても負担が多く体の重心を支えているので肉離れやシンスプリントにならなくてもふくらはぎにかかる力は大きなものです。

ちなみに、シンスプリントは運動時や運動後の下ももにくる慢性的なものです。

・むくみ
長時間デスクワークをした後、足のむくみがあります。
これは、椅子に長時間座るなど同じ体制が続くことにより血管の圧迫から血流が悪くなり引き起こします。

このように場合によって症状などが違い、その都度サポーターも用途により変更しないといけません。

ふくらはぎサポーターの驚きの効果

結論から申しますとふくらはぎサポーターは驚きの効果です。やはり普段使わない人から考えるとなかなか実感の分からないこともあり、使う機会がなくなってしまいます。
ですが、驚きの効果が2つありこれを知るとあなたも納得していただけるはずです。
まず一つ目は筋肉サポート効果、もう一つは疲労軽減効果です。

ふくらはぎサポーターの効果メカニズム

ふくらはぎは体全体を支えていて、跳ねたり走ったりと筋肉の伸び縮みが大変多く、最も負担が多いのですが、このふくらはぎサポーターを使うことにより筋肉本来の動きを強力アシストしてくれます。

例えばしゃがんだ時など起き上がる際に筋肉が伸びているところを縮めて起き上がろうとする力をサポートすることにより、起き上がるときの動きの力を軽減し、なおかつ負担が軽減されることにより足も疲れにくくなります。

・筋肉サポート効果
これがスポーツですと、長距離ランナーのように何時間も走ることにより負担が増えるふくらはぎの筋肉もダメージを軽減でき、運動後の疲労も軽減されシンスプリントになりにくくなります。短距離も瞬間で筋肉を使うため一度にかかる負担も大きくなります、その軽減ができます。

・疲労軽減効果
通常ですと生きている限り血液は体を巡っていますが、その血液を運ぶポンプとして心臓があります。血行が悪いと血の巡りが悪いなんて話も耳にするかと思います。
それは心臓だけでなく、筋肉も同様で伸縮運動で血液を運ぶ手助けをしていることからいわれています。

長時間立っていることで疲労がたまり血液を運ぶ動きも次第に鈍くなっていきます
長時間座っていて、エコノミー症候群になるのもこれと同様で、動きの鈍くなった血流をいきなり立って動きを良くしてしまうためです。血流の動きが鈍くなると疲労物質が溜まり、足がむくんでしまうのです。

着圧機能付きのサポーター

ふくらはぎサポーターで着圧機能付きのサポーターはご存知でしょうか?コンプレッション機能なんても呼ばれていて、このサポーターは外側から筋肉を締め付ける機能を持ち合わせていて、このふくらはぎサポーターを使う事により外側から筋肉を抑え込む事により、無駄な筋肉のブレを減らしてポンプ運動をなんと効率よくしてくれるのです。

また、どうしても運動でつきものの筋肉痛や筋肉疲労は運動による直接的な振動によって筋肉がブレるのですが、サポーターを使うことによりその振動によるブレが減り疲労軽減にもなるのです。サポート効果自体はテーピングを思い浮かべていただければと思うのですが、それと同じような効果があります。

テーピングをしなくても同じ効果が得られ、足のつり防止や、筋肉の動きのサポートにもなります。

ふくらはぎサポーターの使い分け

スポーツをやっている方は強力な着圧効果とサポート効果のあるものをおススメしています。運動時の筋肉の固定や、疲労軽減に役立てられます。

・デスクワークの方は?
デスクワークでの足のむくみ改善ではやや締め付けの少ないものを選びましょう。
通気性の良いもので、かゆくならないものがとてもベストです。

・肉離れを起こした方は?
肉離れを起こした場合のサポーターは、できるだけ脱着が簡単にできるもので圧迫させる力が調整できるものにしましょう。

このような使い分けで効率よくふくらはぎをサポートしましょう。

このように、目的・用途によって使い分けることにより効果の高いふくらはぎサポートが可能になるのです。是非定期的に取り入れてみてください。

 

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

PICK UP!!

ページの先頭へ戻る