こむら返りの最善策「風呂で体を芯から温める」

足がつる・こむら返りは足の筋肉の痙攣で、ふくらはぎ(こむら)に起きる症状です。なぜこのような筋肉の異常収縮が健康な人にも突然起るのでしょう。これは筋肉内部の新陳代謝が悪くなり起こるのです。その要因の一つが体の冷え、特に足が冷え性の人に多いとされています。そこで、風呂に入り、体を芯から温めることで、こむら返りの予防につながると言えましょう。風呂に入ることが、こむら返りにどのような効果をもたらすのか検証してみます。

こむら返りの要因 冷えは血液の汚れを招き病気を招く


身体が冷えますと、血管が収縮して、血行が悪くなります。その血行が悪くなれば、血管内に、老廃物が溜まり、血液が汚れます。
また冷えて酵素の働きが低下すると、代謝が低下して排泄能力がダウンし、やはり血液が汚れます。
実はこのような冷えが招く、血液の汚れも、病気を引き起こす大きな要因になるのです。これは、汚れた血液が体内を循環することで、細胞や組織が損傷し、病気を引き起こしやすくするのです。
このように血行が悪く、血液が体内に滞っている状態であれば、多岐に渡った症状を招きます。
どうき、息切れ、手足のしびれ、足のむくみ、こむら返り、子宮からの不正出血,痔による出血、目の下のクマなど、の症状が出る可能性があります。
こうした症状は放置しておくと、大きな病気に発展する場合もありますので、温め生活で予防・改善しましょう。

風呂につかる入浴法なら 体全体が温まり こむら返りの予防に

体を芯から温めるには、ぬるめの風呂にゆっくり長時間つかるか、熱めの風呂に短時間つかるかの2種類があります。
どちらも血行が良くなって、湯の温度で温められた血液が全身を巡るため、体全体が温められます
またぬるめの風呂には、体が休んでいる時に働く、副交感神経を刺激して、心身をリラックスさせる効果もあります。
一方の熱めの風呂は、体が活動的な時に働く、交感神経を刺激して、様々な臓器や器官の働きを活発化する作用があります。
風呂の温度は、心地良いと感じる温度で、体調や症状に合わせて変えていく方がいいでしょう。
特に注意したいのは、高齢者の場合、高い温度の風呂に入るのは避けた方がいいでしょう。

お風呂に入る6大効果(1)

お風呂に入ると言いますと、体を清潔にするためだと思っている人が多くいます。
それだけでなくこむら返りを始めとしまして、お風呂に入ると実にたくさんの健康効果があるのです。
その代表的な6つの効果をあげてみます
♦1 血行促進効果
ぬるめの湯に血管を拡張する作用があるため、入浴すると、血行が良くなり、内臓や筋肉へ酸素や栄養がスムーズに運ばれます。
また皮膚から老廃物が排泄されやすくなりますので、血液がきれいになり、結果的にこむら返りの予防につながります。
♦2 美肌効果
入浴などで、体温が上がりますと、皮脂線から皮脂が分泌されます。
この皮脂には、皮膚表面の汚れや、バイキンを洗い流してくれる働きがあります。
また汗腺から出る汗と、皮脂が混ざり合うことで、皮脂膜が作られ、潤いのあるしっとりとした肌になります。
♦3 利尿効果
風呂に首までつかると、500㎏の湯の水圧が体に掛かり、皮下の血管などが圧迫されて、血行が良くなります。
すると心臓が押し出す血液量も増え、血液循環も良くなり、その働きが活性化するため、排尿が促されるのです。
もちろん血行にも影響があり、こむら返りの改善につながります。

お風呂に入る6大効果(2)

♦4 免疫力アップ効果
入浴で、体温が上がりますと、細菌などを撃退する活動が活発になります.
ただし、これは入浴で「気持ちいい」と感じるとき表れる効果です。
入浴すると、疲れるほど体力が低下している人や、病気の時は逆効果になる可能性もあるので要注意です。
♦5 血液サラサラ効果
ぬるめのお湯に入りますと、血栓(血液内で、血液が固まった状態)を溶かす作用で、プラスミンという酵素が多量に生成され、血液効果サラサラが得られます。
血栓は脳梗塞や心筋梗塞の一因にもなるため、その予防にも役立ちます。
♦6 リラックス効果
ぬるめのお湯にゆっくりつかりますと、ストレスなどの緊張を和らげる作用がある、アセチルコリンというホルモンが脳内から分泌されます。
その作用で、心拍数も緩やかになり、入浴後は寝つきが良くなり、ホカホカと温かく眠れますので、こむら返りの予防に役立ちます。

こむら返りの予防・改善に役立つオススメ入浴法

♦手浴・足浴
手や足は、心臓から送られる血液の折り返し地点です。
そのため、手足の血行が悪くなりますと、心臓に、より多くの負担がかかるばかりか、体全体の冷えがなかなか改善しない可能性もあります。
その解決策として効果的なのが、「手浴」「足浴」なのです。
手足などの末端を温めると、腕や足の血管が拡張して、血行が良くなり、温められた血液が心臓を経て、体内を巡るため全身が温まります。
こむら返りに関係する足浴については、43度くらいのやや熱めの湯を洗面器に入れ、塩を一つまみ加えて、くるぶしから下を10~15分湯につけます。
途中湯が冷めないように注意しましょう。

こむら返りに効果的な半身浴

半身浴は、体に負担がかからず、温め効果は絶大です。
みぞおちより下の部分だけを湯につける入浴法です。
首までつかる全身では、水圧によって、胸囲が約2cm、腹囲が約5cm縮小するほど圧迫されて、心臓の負担になるため、呼吸器疾患や心臓病の人は、半身浴を進めています。
それと同時に、大いに効果がありますのが下半身の血流が良くなることです。
血流の改善は、こむら返りには必要不可欠な条件です。30分つかれば、驚くほどの汗をかくため、漢方で言うところの「水毒」も改善されます。
冬場は、寒いので、風呂場を温め、全身浴をした後に行うか、乾いたバスタオルを肩にかけるなどして、体を冷やさないことが大切です。

 

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

PICK UP!!

ページの先頭へ戻る