こむら返りの治療法として即効性のある漢方薬を

細菌やウイルス等による感染症を除いて、ほとんど慢性化した病気(生活習慣病など)の原因は、「免疫力」の低下が考えられます。どんなにインフルエンザが流行してもかからない人がいます。この違いはその人の持つ免疫力の強弱によるもとと言えましょう。この免疫力に差がつくのは、その人の不健康な生活、年齢、加齢などによるものと言えましょう。その生活習慣を健康的に改善すれば、免疫力の低下は防止できます。この免疫力の低下もこむら返りの要因の一つなのです。しかしこむら返りの局所だけの対症療法では、完全に解消できません。根本的に治すには、体の構成要素のバランスを、修復することにあります。それが東洋医学の漢方薬です。そこで、こむら返りの薬を代表する漢方薬について徹底検証します。

現代医療におけるこむら返りの治療法

一般の医療機関での、こむら返りの治療法として、筋肉の緊張状態の対策、筋弛緩剤が使われているようです。整形外科では、特定の病気や、原因が見当たらない時は、足の筋肉を伸ばす、ストレッチを指導し、それでも効果がなければ、神経と、筋肉の伝達を遮断する筋弛緩剤を使います。これは、発症後の治療であって、病気の原因を解明しなければ、適切な治療方針はたてることができず、本当の治療とはなりません。このように現代医療における治療の現場では、こむら返りの症状を抑えるだけの対症療法となっています。このように次から次へと繰り出される対症療養薬をいくら投与しても、症状は1進1退を繰り返すだけで、真の治療にはつながりません。むしろ投薬を続ければ、副作用の不安も出て来るでしょう。

こむら返り対症療法に変わり漢方薬治療に注目

現代医療の対症療養で、治りにくい病気に対して、漢方薬などの代替療法として一般の医院でも積極的に取り組み始めたのが、中国伝統の薬、漢方薬です。漢方などの世界各地に残る伝統療法は、生体内にある、自然治癒力や抗病力を高め、その部分を改善してゆくことに、治療の主眼が置かれている療法です。東洋医学で推し進められているのは、「統合医療」です。統合医療とは、最も良い医療とは何かを考え、それに漢方などの代替え医療、健康食品、サプリメントなどを取り入れ、患者さんの諸事情を考慮して、最良の医療を選択して実施する医療の事です。

中国医学では、こむら返りはどのように診ているのか

こむら返りは、中国医学の病症としては痙攣(けいれん)の「痙(けい)症」と言い痙攣をおこす病態を言います。病因は、こむら返りについては体の非力や、体成分のアンバランス等が原因で起こるこむら返りのような状態を「内傷(ないしょう)」と言い、この二つに分類して、それぞれの治療方針で行っています。外観によるものと、内傷によるものでは、内傷によるものが圧倒的に多く、血液に問題があるケースが多いと言われています。こむら返りは、筋肉は良い血管や体液により養われている、と言う訳です。つまりこむら返りは、筋や神経伝達の流れに、栄養や潤いが行き渡らなくなることで起こるケイレンと考えられています。

日本の医者も積極的に取り上げているこむら返りの薬は?

最近こむら返り治療の薬として、日本の医師たちに積極的に取り上げられているのが、即効性のある漢方薬「しゃく薬甘草湯(やくかんそうとう)」です。漢方の古典『傷寒論』にも出ている薬草です。「しゃくやくかんそうとうを作って与えれば、れんきゅうが治って、足が伸びる」と記載されています。足のケイレンに良いと言うことが昔から、知られていたのです。最近の研究でもこの薬は、筋肉の緊張を緩め、ケイレンそのものや、ケイレンで起こる痛みを和らげる作用があることが解ってきました。一般にこの薬は、こむら返りの場合には関係なく、処方されています。したがって自分に合っていない、と言うことも考えられますので、長期間に渡って服用するのは避けた方がいいでしょう。また一般的なこむら返りの予防法としましては、足を冷やさない、きちんと睡眠をとる、目や頭を時々休ませる、リラックスした時間を持つなど有ります。

こむら返りのその他の薬

  • 皇帝にのみ許された秘薬「雪蓮花(せつれんか)」雪の中で花を咲かせる珍しい野生の植物です。効能としては、滋養強壮、精力増大、血液循環の活性化、筋肉増強、体質改善、関節炎、アレルギー体質、こむら返りの症状改善、こむら返りの根本的治療にも有効です。
  • 血行促進とリラックス作用の「ユズ種子エキス」酸味が強いユズ果実の中には、クエン酸、りんご酸等の有機酸素が多く含まれています。効能としましては、血糖上昇の予防、コレステロール値のコントロール,毛細血管の働きをよくし、小じわ、シミ、そばかすにも効果を発揮します。
  • 皮膚の乾燥感を伴うこむら返りに有効な「疎経活血湯(そけいかっけつとう)」
  • 血行不良を改善する「肝血虚(かんけつきょ)」

等があります。

 

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

PICK UP!!

ページの先頭へ戻る