足がつり歩けない時は、軽く温めてマッサージを

ふくらはぎは、大脳から発信された信号が、ふくらはぎへと直結する、末梢神経へ伝達されて、初めて伸縮する運動を起こすシステムになっているのです。それが時として、信号がふくらはぎでない一部の筋肉にしか伝達されないため、その筋肉部のみが過度に収縮する、と言う異常な事態を引き起こします。これが足のつりのメカニズムなのです。そして痛さで歩けなくなるのです。そこで無理に歩くと、他の部位にも影響し、結果、症状を大きくする可能性がありますので、そこは、痛む部位を軽く温め、ふくらはぎを伸ばすよう軽いマッサージを行うことが肝心です。そこでパニック状態になって、転げまわると益々痛みはひどくなり、治まるものが治まらない状態になるので注意しましょう。

全身の血液循環のキーポイントがふくらはぎ

足がつる部位の中心となっていますのが、すねの裏側にあるふくらはぎです。この部位は「第二の心臓」とも言われています、下半身から心臓へ血流を押し戻す役割を担う、ポンプ的な存在で重要な部位です。ここに腓腹筋、ヒラメ筋などの筋肉が集まり、ふっくらとしているのが特徴です。これらの筋肉は、主に指を動かす働きを担っていますが、他にも重要な役割があるのです。それがミルキング・アクション(乳作りの運動)と呼ばれます伸縮運動です。ここでは、血の巡りを助けるポンプの様な働きをしています。私たちの体には、絶えず血液が巡っています。人体に備わっている自己治癒力を最大限に発揮するため、この循環がスムーズでなくてはなりません。血管はいろいろな理由で、あちこちの部位で、渋滞を起こします。ふくらはぎは、この渋滞を解消するための重要なキーポイントなのです。

足がつり歩けない時は足から体全体を健康にするフットケアを

現在のフットケアは、リラクゼーションのための足浴やマッサージ、ネイルケア、これらに関連するコスメチック等、が一般的に行われています。医療行為としてのフットケアでは、「外反母趾(がいはんぼし)」の予防・治療、「たこ・うおの目」の除去などを行い、健康な状態にして、少しでも長く歩けるように足を守ることが目的です。そのためには、足から全身を見ることが必要になってきます。足のトラブルは、多岐に渡った原因があります。フットケアの現場では、そうした様々な要因に応じ、治療法が行われているのが現状です。内科、皮膚科、血管外科、形成外科などの専門医や、看護師、理学療法士、栄養士、運動療法士、等の専門的技術者が連携して総合的な治療もおこなわれています。

足は第二の心臓

私たちは、健康であるためには、大地を踏みしめる足の健康がより重要になっています。足の役割には、歩くたびに地面からの衝撃を和らげてくれます”クッションの機能”と、歩くたびに血液の循環を促進する”ポンプの機能“があります。心臓は、全身に血液を送り、そして回収すると言う、ポンプ機能の役割を果たしていますが、足は、心臓から一番遠いところにあるため、心臓に血液が十分に回収できません。そこで足がその役割を担っているのです。歩くと足の筋肉の血管の運動が活発化し、足の血行が良くなります。足を交互に動かすことは、ポンプの役割をしながら、血流を促していると言うことになります。歩くことの効果は果てしなくあるのです。歩けば歩くほど、足の筋肉が強くなり、酸素吸収量も多くなり、心臓が強くなります足のつりで歩けなくなったら、多くの負荷が人の体にかかることになります。

足のつりで歩けなくなった時の応急処置

足がつるのは血行不良や、冷えで起こりやすくなり、突然に襲ってくるのが特徴です。特に運動中の時に起ることが多いようです。テニスのプレー中、ゴルフでティーショットを打ったとき、水泳中など多岐に渡ってあります。そうした中で厄介なのが、水泳中の足のつりです。これは水の中の温度と、外の温度の変化による冷えや、疲労のたまりが血行不良になりやすいためだと考えられます。水泳中は、呼吸の仕方も違いますので、血液中の炭酸ガスの現象により、筋肉のバランスが崩れ、足のつりが起こります、水泳の場合は、応急処置の呼吸の確保が大事です。ゴルフの場合の応急措置としましては、消炎鎮痛剤を塗ると効果的です。ふくらはぎに塗り込むと1~3分で、回復します。

足のつりで歩けない時は、ふくらはぎ(ヒラメ筋)のストレッチが有効

床にしゃがみ込み、伸ばしたい足の膝を前に出して、抱え込みます。そして体を少し目に倒し、ふくらはぎがやや突っ張るようにします。そのまま1~2分ストレッチをし、次に足を左右変えて行います。これで足首の柔軟性の改善、足首周囲のトラブルの予防、足の筋膜炎の予防、つま先の負担軽減など、の効果を発揮します。なお足首が硬い人は、足を外に向けて力を逃がしてしまいますので、つま先をまっすぐ前へ向かって、蹴るよう注意してください。

 

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

PICK UP!!

ページの先頭へ戻る