激痛回避方法

なった時に役に立つストレッチ法

こむら返りで何が困る?一番嫌なことは?そう聞くと、皆さん口を揃えて激痛だと答えます。
再び激痛に見舞われたら・・・と心配になってしまう人も多いようです。 まずは、こむら返りを予防することで激痛を回避する方法がベストな方法であると言えます。
筋肉の疲労でもこむら返りは起きるのですが、やはり主に筋肉をあまり使わない、運動不足が一番の原因になっていることが多いようです。 運動不足というと、これまで運動をしていなかった人には難しいのかもしれません。しかし、こむら返りの予防の運動というのは難しいものではないのです。 家庭で隙間時間にちょっと取り入れるだけの運動法です。
ストレッチが予防に効果的なので、これまで運動をしていなかった人でも難しく考える必要のないものだと言えるでしょう。 道具という道具もいりません、要は使っていない筋肉もしっかりと使うということが重要なのです。

筋肉を揉みほぐす

私たちは筋肉が疲労したときに、揉みほぐすという方法を無意識に行います。ふくらはぎでもそうですし、肩を揉んだりもしますね。 この揉みほぐすという方法、実はかなり筋肉には効果的な方法なのです。
筋肉に疲労が溜まった際に、揉みほぐしてもらうと気持ちがいいですよね。疲労が溜まっている箇所はどうしても硬くなっていることが多いのですが、揉みほぐして柔らかくなるというのは疲労物質が溜まっていたという証拠なのです。筋肉にも栄養素が必要ですが、必要な栄養素が送られていないと筋肉の疲労が溜まって硬くなってしまうのです。
これを回避するのが筋肉の揉みほぐしということになります。気が付いたときにふくらはぎを揉むだけで効果は期待できます。

こむら返りにいいツボ

以前から、ツボ押しの健康法はありましたが、手軽にできるとあって生活に取り入れている人も多くいます。 いくつかのツボを知っているだけで病気の回避、体調をよくしたり、ダイエット効果があったりとさまざまな効果があるのです。 そんな人気のツボ押し健康法ですが、実はこむら返りにも効果のあるツボがあるのです。 ツボを押すだけでこむら返りを予防する効果があるのですから、生活に取り入れてみる価値はありますね。 もちろん、続けなければ効果は出ないと言えるでしょう。

●太衝(たいしょう)・・・足の甲の部分の親指とひとさし指の真ん中から5㎝程下の部分にあります。触るとツボらしき部分であるとすぐに認識できるはずです。 ゆっくりと息を吐きながらこのツボを押すと効果的です。いきなりのこむら返りの際にもこのツボを押すことをお勧めします。

●委中(いちゅう)・・・膝の裏側にあるツボです。少し抑えるくらいの優しい刺激が効果的。こむら返りだけでなく、足のしびれの際にもこのツボを押すことで効果があります。

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

関連ページ