こむら返りの予防法

食事による予防

こむら返り、予防法について気になりますが、実は現在の食事を変えてみるだけでも十分な効果があるという場合があります。
それは、こむら返りが摂取する栄養素と関係しているから言えることなのです。もちろん、その他の理由もこむら返りと関係してはいるのですが、 やはり、毎日の食事はかなり影響があります。
栄養面を何も考えずに食べていると、それが続くことによって筋肉や神経にも影響があるのです。
栄養素はまんべんなく、多品目摂取、からだによい和食のメニューはやはりこむら返りにも効果のあるものが多いことが分かっています。
野菜中心で高タンパク低カロリーの食事メニューがお勧め。緑黄色野菜、大豆製品、海藻類、きのこ類をふんだんに使用したメニューがお勧めです。 肉か魚となると、どちらかというと魚の方が栄養面ではお勧めです。貝類も食事に取り入れましょう。

サプリで栄養補給

こむら返りと毎日の食事の関係性が大いにあるということが分かりましたが、食事に気を付けることは毎日のことなので続けることが難しいという場合もあるでしょう。
やはり、飲み会や食事会が続いたり、仕事の時間帯が不規則だったりするとなかなか食事のことまで気がまわらなくなってしまうこともあります。 また、元々小食な人、年齢を重ねて小食になってしまい常に栄養不足と感じている人もいるようです。
そんな人には、サプリメントがお勧めです。決まった時間に摂取するだけでいいので、とても簡単。 しっかりと栄養素が取れていないという人や、毎日食事に気を配ることが難しいという人にはこの方法がベストな方法でしょう。
妊娠中にもこむら返りを起こしやすいですが、お腹が大きいとかなり慌てることになります。妊娠中の人は特に予防が重要となります。

疑われる病気を治す

こむら返りを起こす理由はいくつかありますが、中でも忘れがちなのがその裏に病気が隠されているということ。 実際は、加齢によるものや栄養面での問題、運動不足などの理由が多いようですが、実は病気が発端となってこむら返りを起こしている場合があるのです。
その病気というものもいくつかあるので、病気についても考えてみる必要があるでしょう。
こむら返りを繰り返していると、また来たか・・・と思いながらも慣れてしまうという人もいます。 最近、病院で診てもらっていないという人、また近いうちに健康診断や人間ドックの予定がある人は医師に伝えてみてはいかがでしょうか。
動脈硬化や糖尿病のような生活習慣病の可能性もありますし、閉塞性動脈硬化症や甲状腺機能低下症のような病気の症状もあるので注意が必要です。

漢方薬を飲む

今や、病気を漢方薬で治したり、体質改善のための予防法として飲むことは一般的になっています。
病院でも処方されることが多くなって来ましたし、ドラッグストアでも販売されています。
しかし、一般の薬とは少し違いがあって、即効性があるというわけではなく、飲み続けることで効果があるというものです。
緩やかな効果と言えますが、副作用がないという点がお勧めポイントと言えるでしょう。
漢方薬はたくさんの種類があって、どれを選んだらいいのか難しいということになりますが、特にお勧めしたいのが芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)です。
一般的に漢方薬が緩やかな効果があるとされていますが、この芍薬甘草湯はこむら返りに即効性があるということでお勧めしたい漢方ということになります。

日常に運動を取り入れる

運動不足もこむら返りには関連性が大いにあると言われています。
年齢を重ねると意識していないと運動不足に陥りやすいと言われている現代、特に車を使って移動することが日常となっている場合はその傾向が強いようです。
定期的にフィットネスクラブなどに通っているような人はそうでもないと言えますが、多くの大人は運動不足。それを解消するには、日ごろの生活を見直し、まずは歩くことから始めましょう。
少しの距離からで構いません。生活を見直すことで割と運動量は上がるものなのです。
さらに、テレビを観ながらでもできるちょっとしたエクササイズや運動も効果的。特に、ふくらはぎに負荷が掛かるような運動を行いましょう。 家庭でもできる方法はたくさんあります。
しかし、こむら返りの原因に運動不足がある反面、運動のし過ぎで筋肉に疲労が残っていることも原因となります。 運動後に疲労が続く場合はあまり無理をせずに筋肉を休ませてあげることも必要です。

テーピングによる予防

テーピング、見たことはあっても使ったことはないという人が多いと思いますが、最近ではこむら返りにテーピングを使用する人も増えて来ています。
テーピングというと、常に運動をしている人が使用するというイメージが強いでしょう。 実は、こむら返りの予防法にテーピングを使うと言った方が正しいのかもしれません。
テーピングを巻くことでこむら返りが予防できるとあれば、外出時などで慌てることもないので気が楽になります。
こむら返りが起きやすい場所としてふくらはぎがよく挙げられますが、ふくらはぎにテーピングを巻くという方法だけでなく、足の裏やアキレス腱に巻く方法もあります。
どれも効果があるので人気の方法ではありますが、慣れないとひとりでは上手に巻くことができないという点もあります。
テーピング法だけに頼ることなく、日々の生活や食事にも目を向けて根本的な解決を目指しましょう。

継続的に起こるこむら返りを根本的に治したい方必見!
>>こむら返りサプリ人気ランキング

関連ページ